2006/09/27
>>問い合わせ
>>一覧 
マンション
賃貸マンション
マンスリーマンション
ウイークリーマンション
参考
マンスリーマンションの
ミスタービジネス

マンション管理センター
アパート
賃貸アパート
学生アパート
賃貸物件
賃貸住宅
都営住宅
不動産賃貸
参考
賃貸情報
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 
■ 賃貸マンションについてご紹介します。
マンションを選ぶのはなかなか難しいものですが、ここでは資料やデータがなくても大丈夫、はずせない3つのポイントをご紹介いたします。


◇ここでのお話。
@ マンション選びで外せないポイント

お薦め!
小学生でもよくわかる不動産投資・リート』についてはこちらから。

  マンション選びで外せないポイント
■第一印象は良かったか?
そのマンションを初めて見た時の第一印象は大切です。マンション本体だけではなく、周囲の空間や建物の配置などを総合的に勘案して、その上での第一印象です。もちろん直感でもかまいません。第一印象の良くないマンションは、設備が新しくても価格が安くても敬遠した方が無難です。無理に自分を納得させる必要はないと思います。直感は意外に正直です。

■ エントランスと集合ポスト
細かいデータがなくともマンションの管理を見分ける方法に「エントランスと集合ポストをチェック」というのがあります。

マンションのエントランスに見るべき顔がないものはやはりダメですね。豪華である必要はないのですが、やたらと天井が低かったり、暗かったりするものダメですね。また、エントランスの位置が半地下に掘り下げているものもあまりおススメできません。そのマンションが傾斜地に建っている場合は、エントランスがすこし道路面より下がる場合はありますが、これはある程度いたしかたないと思いますが、それ以外の場合はなるべく避けた方が良いでしょう。

次に集合ポストを見てください。ポスト自体が築年数の割りにボコボコに傷んでいて、一見して管理状況が悪いと判断されるものもダメです。ポスティングされたチラシがはみ出していたり、床に散乱しているものは、明らかに管理状況が良くないといえます。エントランスと集合ポストだけでもそのマンションの総合評価はある程度下せます。

■共用通路は狭くないか?
各階の共用通路の幅が狭いマンションはそれだけでダメです。設計会社(者)や施工会社あるいは分譲会社のカラーがそこに現れています。「物件をみれば債務者(ビル所有者)がわかる」ともいわれます。マンションにもこの言葉はそのまま当てはまると思っています。エントランスが貧しかったり、共用部分の広さにゆとりが感じられないマンション等は、そのマンションの分譲主、設計会社(者)、施工会社等の経営哲学、文化的水準、企業カラーをそのまま明確に表していると思います。その他にもスラブ厚が薄いものや、アルミサッシが貧弱なのも、トイレが狭すぎるといった比較的簡単に判断できる項目もあります。


 

←  不動産物件へ   賃貸物件  次へ→
| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ |

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
民事再生債務整理 ・・・加藤法律特許事務所。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Prime-Strategy All Rights Reserved.