2004/03/24
>>問い合わせ
不動産とは?

日本の不動産市場
今までの不動産市場
今後の不動産市場


不動産証券化
不動産の特徴。
  
〜良い所と悪い所〜

証券って何?
証券の特徴。
不動産証券化特徴
お金持ち優先型
土地持ち優先型

不動産証券化の
          仕組み
不動産証券化の歴史

リート
リートって何?
リートの仕組み
リートの種類

>>目次 
>>目次 
>>目次 
■ 不動産証券化の歴史。
不動産証券化の歴史について少しご紹介いたします。

掲載事項
 
<日本における不動産証券化の歴史>
抵当証券
不動産小口化商品
不動産特定共同事業
SPC 特定目的会社


 
【不動産証券化の歴史】
先生

内容

 @抵当証券
抵当証券は1931年に制定された抵当証券法基づき法務局が発行し、手形と同じように裏書によって流通します。
抵当証券は1物件について、1枚しか発行されず、そのままでは一般投資家の購入が難しいため、現在は「モゲージ証書」という形で小口化されています。

 A不動産小口化商品
1980年代の後半に、不動産そのものを小口化した不動産小口化商品が脚光を浴びました。

 B不動産特定共同事業
不動産小口化商品について広告や販売に関するトラブルが生じてきたため、1995年4月に従来の不動産小口化商品のうち、任意組合型を発展させた形での不動産特定共同事業を規制する不動産特定共同事業法が施工されました。

 CSPC
1998年に特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律(通称SRC法)が制定されました。SPC法はSPC(特定目的会社)が業として特定資産の流動化を行う制度を確立することにより、一般投資家による有価証券を通じた資産に対する投資を容易にし、もって資産の流動化を促進することを目的としています。



| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ|

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Hudohsan ChintaimansionWEB All Rights Reserved.