2006/09/27
>>問い合わせ
マンション
中古マンション
デザイナーズマンション
アパート
中古アパート
売アパート
物件
競売物件
収益物件
田舎物件
リゾート物件
店舗物件
参考
不動産ポータルHOME'S
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 

■ 中古アパートについてご紹介します。
中古アパートを購入する時の注意点は中古マンションを選ぶ際とほぼ同じです。詳しくは「中古マンション」をご参照ください。

中古アパートを購入するという場合はメンテナンス費用の割増分や、
経過年数で減算される減価償却費のデメリットなどを考慮しなければなりませんので、
新築とは投資プランが根本的に異なってきます。

◇ここでのお話。
@ 中古アパートの購入は「中級レベル」

お薦め!

小学生でもよくわかる不動産投資・リート』についてはこちらから。

  中古アパートの購入は「中級レベル」

・中古物件の重要事項説明書に問題がないか。
・土地建物の価格比率がどうなっているか。土地建物価格は妥当か。
・物件を購入するに当たって、自己資金と借入金の比率はどうなっているか。
・ 銀行、金融機関の担保評価をどうみるか。金利はいくらぐらいになるか。
・売主の修繕計画はどうなっているか。
・入居者がいるまま引き受けるとき、敷金引渡しはどうなるのか。
・入居者リストは用意されているのか。

など中古物件については、自己の判断・決意の必要な部分がかなり生じてきます。

目先の利回り10%に惑わされて投資すると思わぬ落とし穴に落ちる可能性があります。「安物買いの銭失い」の言葉があるように、投資物件の確認の確認をすることが必要です。中古木造アパートの場合、15年以上たっていれば建物の評価をゼロとして土地のみの評価として購入するのも1つの方法と思います。

また建物を新築する場合でも、ハウスメーカー・建設会社から提供される商品は、構造・仕様ともにバラエティーに富むため、運用プランに最適な商品を選ぶことが肝要です。

どちらかと言えば、アパート経営はこれから不動産投資を始めようとする投資家より、「所有する土地の有効利用」や「資産家の相続税対策」また「資産の買い換え」など、すでに所有している資産を発展的に配置転換する手段として、利用されることが多いようです。



 


←不動産物件  前へ   不動産物件  次へ→
 

| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ |

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
民事再生債務整理 ・・・加藤法律特許事務所。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Prime-Strategy All Rights Reserved.