2006/09/27
>>問い合わせ
マンション
中古マンション
デザイナーズマンション
アパート
中古アパート
売アパート
物件
競売物件
収益物件
田舎物件
リゾート物件
店舗物件
参考
不動産ポータルHOME'S
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 

■ 競売物件についてご紹介します。
競売物件を購入する時のデメリットをご紹介します。
 
◇ここでのお話。
@ 競売物件ってなに?
  A 競売物件のメリット
  B 競売物件のデメリット
お薦め!
小学生でもよくわかる不動産投資・リート』についてはこちらから。

競売物件のデメリットは?
A
一般市場で売出している不動産の場合、建物の内部を見る事ができるのが通常ですが、競売物件の場合では居住者がいる場合は、基本的に建物内部を見る事はできません。

その上、一般の不動産のように物件について仲介業者が調査をしてくれません。裁判所に備え付けれられている事件記録を閲覧する事はできますが、その危険負担を負うのは買主となります。

また、物件の落札後、入居者から建物の明渡しを受けるための交渉が必要となります。占有者が退去に応じない場合は、強制執行手続きも用意されていますが、その分費用もかかってくるのです。

次に、物件についての権利関係が複雑な場合があり、その整理には専門家のアドバイスを要する事もあります。

それに、住宅ローンの利用は金融機関との事前の申請等充分な打ち合わせが必要となります。万一、落札した後で融資の実行ができないことがあり、購入が不可能となっても事前に振り込んだ保証金の返還はしてもらえませんので、気をつけてください。

 


 

←不動産物件  前へ   不動産物件  次へ→


| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ |

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
民事再生債務整理 ・・・加藤法律特許事務所。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Prime-Strategy All Rights Reserved.