2006/09/27
>>問い合わせ
マンション
中古マンション
デザイナーズマンション
アパート
中古アパート
売アパート
物件
競売物件
収益物件
田舎物件
リゾート物件
店舗物件
参考
不動産ポータルHOME'S
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 

■ リゾート物件についてご紹介します。
リゾート物件を購入する時の注意点・リゾート物件のメリットをご紹介します。

◇ここでのお話。
@ リゾート地の種類、選び方
お薦め!
小学生でもよくわかる不動産投資・リート』についてはこちらから。

  リゾート地の種類、選び方  


まず、購入目的を明確にすることが大切です。
「静かな所がいい」「温泉ははずせない」「絶対に海のそば」
これらすべてを堪能したい方もいるでしょうね。
けれど、すべての条件を満たす物件を見つけることは容易ではありません。
それには、まずリゾートライフの希望に優先順位をつけることです。

週末だけ? 長期滞在? 
つぎに、滞在期間に合わせて自宅からリゾート地までのアクセス時間を考慮し、エリアを絞っていきましょう。

「週末利用タイプ」:片道2時間ほどでリゾート地へ着くような場所を探しましょう。また、車利用の場合、観光シーズン中など渋滞に巻き込まれないためにも、高速道路のインターチェンジから近い場所がおすすめです。

「長期滞在タイプ」:1週間以上の滞在や子どもたちの学校休みの間(夏・冬)の利用であれば、移動時間を3時間ほどに伸ばしてもいいでしょう。
※ただし、長い移動時間が煩わしくなり、利用しなくなることは避けたいものです。


また快適なリゾートライフを過ごすためには、不在時のサポートは大切です。
道路・街路灯の整備やゴミ回収、建物周辺のパトロールのほかに、地域によっては
除雪作業などがあり、緊急時の対応や通報などの体制が整っているかもポイントとなります。鍵の保管など、出張先から急にリゾート地を利用したいときに便利なサービスの一つです。
 


 

←不動産物件  前へ   不動産物件  次へ→

| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ |

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
民事再生債務整理 ・・・加藤法律特許事務所。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Prime-Strategy All Rights Reserved.