2006/09/27
>>問い合わせ
マンション
中古マンション
デザイナーズマンション
アパート
中古アパート
売アパート
物件
競売物件
収益物件
田舎物件
リゾート物件
店舗物件
参考
不動産ポータルHOME'S
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 
>>一覧 

■ 店舗物件についてご紹介します。
店舗物件の探し方のポイントをご紹介します。
 
◇ここでのお話。
@ 物件探しのポイント
A 賃料
B 場所
C 面積
D 階数
お薦め!
小学生でもよくわかる不動産投資・リート』についてはこちらから。

C 面積


店舗面積を決める場合に、ほとんどの方が賃料から逆算していると思います。しかし、店舗面積は、売上から逆算して決めるべきです。予算があれば以前勤めていた店等参考にして同じ面積を借りるのがよい方法です。 しかし、予算が付いてこない場合は、予想する売上から最低どれ位の面積が必要なのかを考えるようにしてください。

次に重要なポイントは、Aで説明した実質賃料は実効(有効)面積ではなく、契約面積に基いて支払われるというところです。使える部分は狭くても、賃料は契約面 積で支払わなければなりません。特に ビルの場合、階段・通路・機械室など共有部分を含むことが少なくありません。よって実質賃料の計算は当然実効面積で行わなければなりません。

では、坪あたりの月額実質賃料を求めてみましょう。共有面積負担は、「含み率」という割合表示を使用します。仮に契約面積が100坪で共有面積が20坪の場合、含み率は20%になります。この含み率を利用し、月額実質賃料を算出してみてください。
 


 

←不動産物件  前へ   不動産物件  次へ→




| 不動産賃貸マンションWEBトップページへ |

[ PR ]
ビジネスブログ構築のご案内・・・ビジネスブログ・ブログを使ったHP制作はこちら
CMS(プリログ・ニュース)・・・月々5250円からのCMS。どのようなデザインにも対応可能です。
コーチングのFlexCommunication・・・会社内・プライベート様々な場面に応じたコーチングを紹介。
空気清浄機販売のエール販売・・・これまで除去できなかった有害物質もクリアに。
民事再生債務整理 ・・・加藤法律特許事務所。
>>広告掲載を希望される方はこちらからお問い合わせ下さい。
Copyright(C) 2004 Prime-Strategy All Rights Reserved.